日常グルーヴ

毎日を軽やかに過ごすための雑記ブログ

結婚記念日もフレンチでお祝い

結婚記念日だったので、前からずっと食べてみたかったレストランを予約した。

 

f:id:monarika:20171018161008p:plain

 

「エクラ」というフレンチレストランである。

Hanako等の情報誌によく載っていたし、吉祥寺No1との噂だし、ウキウキと当日向かった。

こういうのが私のうかつなところで、ブログに書くならエントランスの写真ぐらい撮っとけー!すみません・・・

 

まあ、詳しくはこちら↓をご覧くださいね。

tabelog.com

 

f:id:monarika:20171018161003j:plain

店は地下にある。

品のあるモダンスタイルのインテリアだ。

 

f:id:monarika:20171018161005j:plain

 

吉祥寺という立地ゆえの、お得な価格で、シェフのおまかせコースをオーダーした。

ワインはソムリエから好みのものを相談しながら選べる。

 

f:id:monarika:20171018161004j:plain

 

f:id:monarika:20171018161006j:plain

 

アミューズは宮崎県産鰆のマリネ 根セロリのムース。

氷のような器で、とても涼しげだ。

 

 

f:id:monarika:20171018161007j:plain

ここのレストランの、デザインマークのような盛り付けだ。

冷前菜のこれはズワイ蟹と武蔵野茄子のフォンダン・彩野菜のポワンタージュ。

食べるのがもったいない美しさ。

 

 

f:id:monarika:20171018160954j:plain

低温加熱したフォアグラのコンフィとパンドエピスと無花果のマルムラード。

マルムラードとは、果実を裏ごししたピュレ状にしたもの。

フォアグラは濃厚、ほんのり甘いパンドエピスと味わう。

中央の黒いソースはバルサミコだったかな。

盛り付けがアートだ。

サービスのソムリエ氏から「いろいろ楽しみながら召し上がって」と言われたので、あれを付けたり、これを付けたりして新しい味を構築しながらいただいた。

無花果はフランス人の秋のフルーツとしても、大好物なフルーツだという。

日本でも最近ではスーパーで買えるようになった。

 

 

f:id:monarika:20171018160953j:plain

オマール海老と貝類のマリニエール、青菜と小蕪パスティスの香り

何も言えない幸せな味・・・

マリニエールというのは、魚介のフォンと白ワインを煮込んでバターを加えたスープらしい。

皿が気泡のようなデザインでキレイでおもしろい。 

 

f:id:monarika:20171018161000j:plain

これはビックリの小さなガラス製のパン皿!

直径10cmくらいのプレートに500円玉くらいの浅いくぼみがあって、そこにオリーブオイルを注ぐ。

小さいのでパン皿としては、あまり実用的では無いが、おしゃれ過ぎてめまいが…

 

f:id:monarika:20171018160958j:plain

オリーブオイル嬢といった佇まい・・・

 

 

 

 

f:id:monarika:20171018160959j:plain

魚は山口県萩産クエのナクレ、酢橘のソース、シャインマスカットのサラダ。

シャインマスカットは今年は近所のぶどう園で採りたてを買って食べたし、夫の両親からも貰った。今まで知らなかった品種だが、皮ごと食べられ種も無い美味しいぶどうだ。

魚は熱々で、大事に大事に食べた(笑)

魚の付け合せにぶどうのサラダとか、発想がステキ。

 

f:id:monarika:20171018160957j:plain

口直しのシャーベットは洋ナシだったかな?

これが出てくると、もうコースも終盤なのね~と少し寂しくなるのであった。

 

 

f:id:monarika:20171018160956j:plain

鴨胸肉のロースト エピスソース、秋野菜のグラッセ バターナッツのピュレ

はい、またまた鴨です。

そうです、リクエストしてました。

そして叶えてくださいました。

ありがとうございます。

文句無く美味しい!

ジューシーでソースとの相性も抜群。

エピスソースとは、乾燥させた香辛料を使ったソースだ。

未知の組み合わせに感動。

 

f:id:monarika:20171018161001j:plain

コーヒーをオーダーしたのだが、砂糖までこんな麗しい器に盛られている。

 

どの料理の皿も私にはめずらしくて、本当は皿全体も写したかったのだが、料理メインとしておいた。

 

 

f:id:monarika:20171018160952j:plain

デザートは和栗のモンブランとマロングラッセ、木苺のアイスを忍ばせて

忍ばせて?

 

f:id:monarika:20171018160955j:plain

ここでした!

 

 

そしてこれでお終いかと思いきや、ミニャルディーズの登場だ。

f:id:monarika:20171018161002j:plain

食後の小さな(可愛い)菓子などのことを「ミニャルディーズ」というそうで、メニューの最後に書いてあって何だろうと思っていたのだ。(焼き菓子のことはプティフール)

ミニョンは可愛いというフランス語。

記念日ということで、こんなステキなプレートにしていただいて感激!

 

美味しいディナーでお祝いできて、思い出に残る記念日となった。

このレストランは絶対にリピーターになる。

どうもごちそうさまでした!