日常グルーヴ

毎日を軽やかに過ごすための雑記ブログ

その音楽を聴くと必ず思い出す風景のいくつか

普段、知っている曲が流れてくると、それを歌うバンドや歌手の顔、あるいは曲が使われたCMやドラマや映画などが浮かぶことが多いと思うのだが、それとは全く関係の無いシーンがもやもやと現れてくることはないだろうか。

 

 

f:id:monarika:20170913111248j:plain


その1

前に別ブログに書いたことがあるのだが、ずいぶん前に三島由紀夫の「仮面の告白」をコーヒーショップで読んでいて、その時に店内にかかっていた曲がコンチネンタル・タンゴで有名な「カプリ島」だった。
以来「カプリ島」の陽気な曲を耳にするたび、条件反射のように「仮面の告白」の場面があれやこれや、聖セバスチャンが浮かんできてしまようになってしまった。
店内にいたほんの15分くらいの間に完璧に刷り込まれたようだ。
逆に、「仮面の告白」をメディアで見たり聴いたりしても、必ず「カプリ島」が頭に流れこんでくる。
とにかく100%そぐわない組み合わせにいつも困惑している。
最近は三島由紀夫が面倒くさそうにステップを踏んでいるシーンまで浮かんできて困っている。

 


その2

幼い頃、渋谷のおもちゃ屋か雑貨屋で母親とぬいぐるみを選んでいた私。
その時に店内のBGMがビートルズの「And I love her」だった気がする。
なぜなら現在でも、その曲が流れてくるたびに、ぬいぐるみを選んでいる自分の姿が浮かんでくるから。

実際はどうだったのか確かめるすべはない・・・

 


その3

ゆずの「夏色」はどういう聴き方をしても夏の歌なのに、私はどうしても冬の花形スポーツである、スキージャンプのシーンが頭に浮かんできてしまう。
当時バイトをしていた社内が一日中FMラジオを流しているようなところで、その「夏色」が発売された夏は、ラジオからしょっちゅうこの曲が流れていた。

そして遡ること数ヶ月、長野五輪のスキージャンプ。
日本が金メダルを獲るかの瀬戸際というシーンを、同じ社内ラジオから生中継で聴いていた私。
その1998年、男女の爽やかな夏の日々の歌をガンガン聴き、感動のスポーツ中継を、ガンガン聴いた結果、いつの間にか時空を超え、私の頭には両者が共に棲みついてしまったというわけだ。
こうして毎年夏になると、いろいろな場所で「夏色」を耳にするが、そのたびに金メダリスト日本チームの勇姿をこれでもかと思い浮かべることになっているのである。「ふなきぃ~」

 

 

その4(これは一応関連しているシーン)

誰でも耳にした事のある「ニューシネマ・パラダイス」のテーマ。
あの映画にはクライマックスで大いに泣かされたっけね。
しかし私にとってあの名曲は「菅野美穂ステキPV」のBGMとしか感じられない。
菅野美穂が白いワンピでニッコリ笑って、ロングヘアをサラサラさせ「ニューシネマ・パラダイス」の流れる白い部屋を、ナレーション付きでクルクル回っている・・・「オーダーメイドプライド三〇ホーム」
住宅展示場で入った三〇ホームのきらびやかな豪邸に私は居た。
天井が吹き抜けになった白いリビングルームのソファに座らされて、濃いルックス営業マンから三〇ホームの説明を延々と聞かされていた。

やわらかな日差しを背中に浴びながら、傍らのモニターで延々と延々と流されていたのが、イメージキャラクターだった菅野美穂の三〇ホームの宣伝ビデオだ。

それも同じ映像がリピートしまくってて、渡されたおしぼりを耳に詰める寸前までいってた私。
よって、三〇ホームは家の仕様説明より「もうだまってろ、菅野美穂!」の印象しか無い。(菅野美穂は好きな女優です)